Excel|XLOOKUPの複数条件によるデータ抽出 

10701|エクセルの条件付き選択!CHOOSE関数の完全ガイド【Excelサンプルデータ(例題)|無料ダウンロード】

CHOOSE関数は、エクセルでの条件に応じた値の選択を行うための便利な関数です。このブログでは、CHOOSE関数の使い方や活用方法について詳しく解説します。

目次

関数について

CHOOSE関数は、指定された条件に基づいて値を選択するための関数です。条件に応じて、複数の値の中から一つを選択して返します。

関数の説明

CHOOSE関数は、条件(index_num)に基づいて複数の値(value1, value2, …)から一つを選択します。index_numが1の場合はvalue1、2の場合はvalue2、というように、順番に対応する値を返します。

対応バージョン

CHOOSE関数は、Excelの古いバージョンから最新のバージョンまで、すべてのバージョンで利用可能です。

構文

=CHOOSE(index_num, value1, [value2], ...)

引数

引数説明
index_num選択する値のインデックス番号を指定します。1から始まります。
value1, value2, …選択肢となる値を指定します。

関数作成のポイント

  • index_numには1から始まる整数値を指定します。
  • value1, value2, …の個数は最大255個まで指定できます。

関数活用のポイント

  • CHOOSE関数を使えば、条件に応じて選択される値を柔軟に設定できます。
  • データのセットから特定の値を選択する場合や、条件によって表示するテキストを変更する場合などに活用できます。

使用例

サンプルデータ

なし

サンプル式

=CHOOSE(2, "りんご", "バナナ", "オレンジ")

  • 結果: バナナ
  • 説明: index_numが2なので、value2で指定された”バナナ”が返されます。

練習用サンプルデータ(例題)ダウンロード

【Excel】練習用サンプルデータ(例題)をダウンロードする

↓もう少し詳しい説明

関連のある関数

なし

まとめ

CHOOSE関数は、エクセルでの条件に基づいた値の選択を行うための強力な関数です。このブログを参考にして、様々な条件に応じた値の選択をスマートに行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次